MENU

はげになる原因とその予防法

髪に毛は、衝撃や強い太陽光から頭を守ったり、体温調節のために生えています。何故、はげる人とそうで無い人に分かれるのでしょうか。一番の原因は「不規則な生活習慣」にあります。代表には、睡眠不足、偏った食生活、タバコ、ストレスなどが挙げられます。睡眠不足によるはげの原因は、寝ている時間に髪の毛は育ち、ダメージを修復させます。なので、睡眠時間が短いと元気の無い髪の毛になってしまい、頭皮の血行も悪くなるので、抜け毛や薄毛の原因になります。また、食生活では、肉類など高脂肪、高コレストロールの摂取が多いと、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴に老廃物が溜まりやすくなります。結果、毛根が酸欠状態になりはげの原因になります。タバコは、ニコチンの作用で毛細血管が収縮されてしまいます。血流が悪くなり、栄養が毛根まで届かなくなり、抜け毛の増加や発毛がうまくいかなくなります。ストレスも同様で、血行が悪くなるのでよくありません。
予防法としては、睡眠を多く取る、禁煙する、ストレスはため無いことです。現代社会で、ストレスをためないようにするには難しいかもしれません。自分の好きなことに集中できる時間を作るように心がけて、うまくストレス発散できるように気をつけるといいでのかも知れません。

このページの先頭へ
クレジットカード公共料金